疲れ目茶クマにはアイクリーム!目元の色素沈着におすすめのケア方法

人の第一印象は、目元で決まるとよく言われますよね。

中でも、目元のクマはあるだけで見た目年齢が老けて見られがちです。

しかも一回できるとなかなかとれない・・とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、いくつか種類のあるクマの中で『茶クマ』に焦点を当て、原因や治す方法など詳しくご紹介します!

そもそも茶クマってなんなの?


茶クマ
どんより不健康なイメージを与えてしまう茶クマ。

化粧で隠しても隠し切れない茶クマはコンプレックスになりやすいですよね。

茶クマの原因は大きく分けて2つあります。

1つ目は「表皮にできてしまったシミと同じもの」。

2つ目は「皮膚の奥深くにメラニンが色素沈着してしまったもの」です。

1つ目の原因として表皮のシミは、目をこすり過ぎることや、紫外線によるダメージ、さらにはアトピー性皮膚炎や、落とし残してしまった化粧品のかぶれなど考えられる原因は様々です。

ちなみに、クマは目の下だけではなく、まぶたの上にできる茶クマもクマの一種です。加齢による劣化や化粧品の落とし残りなどでできてしまいます。

2つ目の原因である、皮膚の奥深くにメラニンが色素沈着してできる茶クマは、なんとアザの一種です。

20歳前後から、両頬などに青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑ができることがあります。

これは、メラニンが皮膚の奥に色素沈着している状態です。

メラニン 色素沈着 仕組み
メラニンは、私たち人間の肌の色を形成する色素のことなのですが、これが過剰に分泌されるとどうなるかというと…。

くすんだ顔色になり、茶色くどんよ~りと…( ;∀;)

女性としては、印象を左右する表情の明るさはキープしたいもの。

くすんだオバさん顔なんて、なんとしても避けたいですよね。

では、どのようにケアをしていけばいいのでしょうか?

茶クマに効く食べ物があるって知ってた?


まず手始めに…食べ物に気を付けることで、茶クマ対策をスタートすることも可能です。

茶クマに効く食べ物は、美白効果やターンオーバー効果のある『ビタミンC』を多く含む食べ物です。

茶クマ 効果 ビタミンC
ビタミンCは野菜や果物全般に含まれています。また、青汁や緑茶にも含まれています。

野菜や果物の中でも、ビタミンCを特に多く含む食べ物は以下の通りです。

  • アセロラ
  • モロヘイヤ
  • 赤ピーマン
  • レモン
  • キウイフルーツ
  • ブロッコリー

これら食品からビタミンCを摂取する場合は、こまめに摂るようにしましょう。

一度に摂っても体外に排出されてしまうので効果が半減してしまいます。

こまめに毎日複数回☆が合言葉ですよ。

必見!茶クマに効果的な成分って?


アイクリーム 茶クマ 効果的成分
茶クマ対策のために必要なことはズバリ!

美白とターンオーバーの正常化で、これらに必要なのは、『ビタミンC誘導体』と『ハイドロキノン』です。

ビタミンC誘導体


ビタミンC誘導体は水溶性で不安定であるビタミンCを改良して、化粧品などに添加しやすくしたものです。

メラニン色素を薄くする働きがあります。

また、肌のターンオーバーを促し、きれいな肌を保つ効果があります。

美容と言えばビタミンC!というのは食べ物でも見た通りイメージしやすいですよね。

誰もが知ってる有名どころ。

でも体に取り込み切れず体外に出ていきやすいといった点は知らない人が多いです。

ビタミンC配合のサプリや栄養ドリンクを飲むと、その後の尿が黄味の強いオレンジ色になったりしませんか?

それがまさに取り切れず流れてしまったビタミンたち。

今回ご紹介したビタミンC誘導体はそんなデメリットを改良したものということですね。

ハイドロキノン


ハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれており、美白に有効です。

しかし、強い成分のため、炎症などが起こる可能性があります。

肌が弱い方は特に注意が必要です。

使い始めてピリピリ痛みや痒みが出たら使用をストップして医師の診断をうけましょう。

綺麗になるためのはずが、肌荒れを起こしてメイクが出来ない…なんてことのないように注意しながら使用しましょう。

また、ハイドロキノンは不安定で酸化しやすい成分なので、冷暗所に保存して1ヶ月程度で使い切れるとgoodです!



茶クマにおすすめ厳選アイクリーム4選


先に紹介した成分が配合されている、茶クマに効くアイクリーム4つをご紹介します。

アンプルール


アンプルール アイクリーム

数あるアイクリームの中でも総合的に評判が良い商品です。

保湿と美白に優れており、新安定型ハイドロキノンが配合されています。

新安定型ハイドロキノンとは、不安定で刺激が強いハイドロキノンを安定化させたもので、肌への刺激を非常に少ない成分です。

また、メラニン色素生成抑制作用が他の美白成分に比べ、約100倍ともいわれており、生成されてしまったメラニンを排出する働きもあります。

化粧水、洗顔美容液、スポット美容液、日焼け止め、クリームがセットになっており、通常の販売価格6500円のところ、トライアルセットで1,890円(税込)で用意されています。

送料無料ですので、気になる方は注文されてみてはいかがでしょうか。

公式サイト アンプルール


ビーグレン

ビーグレン アイクリーム

こちらの商品もアンプルールと同じく、ハイドロキノンを含む商品です。

こちらは、ハイドロキノンをビーグレン独自の「キューソーム」という成分に変え、低刺激で即効性のある安定な成分となっています。

価格は、通常6,936円(税込)のところ7日間トライアルセットが1,944円(税込)です。

送料無料で、365日可能な返金保証制度もあります。

公式サイト ビーグレン


ディセンシア『サエル』

ディセンシア サエル アイクリーム

先にお話ししましたとおり、ハイドロキノンはとても強い成分です。

そのため、敏感肌の方は合わない可能性があります。

ハイドロキノンを含むアンプルールやビーグレンを使用し、合わないと感じた場合におすすめなのが、ディセンシアの『サエル』です。

こちらの商品は、敏感肌専用の美白美容液です。

ビタミンC誘導体が含まれており、メラニン色素を排出します。

トロッとした美容液のため肌に浸透しやすく、高い保湿力が一日中続きます。

価格は通常価格2,160円(税込)のところトライアルセットで1,480円(税込)です。

送料無料で、30日間の返金保証制度があります。

公式サイト ディセンシア サエル


アイキララ

アイキララ アイクリーム

こちらの商品は、ビタミンC誘導体の一種であるMGAが豊富に含まれています。

肌の内側にコラーゲンを留めて、目の下のハリや艶を与えることで茶クマを改善します。

また、ターンオーバーを促進するビタミンEが、体内で生成されてしまったメラニン色素を排出する助けをします。

価格は3,218円(税込)で、返金保証制度もついています。

公式サイト アイキララ


茶クマ対策アイクリームまとめ

目元 アイクリーム スキンケア
いかがでしたでしょうか。

商品により特徴や売りが様々ですので、サイトの説明をよく読んで、自分に合うものを購入しましょう。

また、アイクリームは肌に直接つけるものなので、使用してみて合わないという可能性もあります。

そのため返金保証制度がついた商品が安心です。

子どもの頃から茶クマに悩んでいる…なんて方も、このアイクリームでケアしてみませんか?

一緒に茶クマ撃退を目指しましょう!

私のおすすめアイクリーム


ちなみに、ご紹介した4種類の中で、私のおすすめはディセンシアの『サエル』です。

ディセンシア サエル アイクリーム

そもそもクマは皮膚が薄いため、色素沈着した色が目立ちやすい方が多い傾向が。

皮膚が薄いとなると、どうしても敏感になって刺激を受けやすいんですよね。

私は肌が強いから大丈夫!という方でない限りは、まずは低刺激のものからスタートするのが安全かと思いますよ^^

公式サイト ディセンシア サエル