レチノール入りアイクリームでクマ対策!正しい使い方とおすすめアイクリーム3選

お顔の明るさをワントーンもツートーンも下げてしまう、憎き目元のクマ。

クマがあると毎朝のメイクも溜息しながらになりますし、流行りのアイシャドウもいまいち映えないし…

目元 悩み
とにかくつらいですよね。

そんなクマにおすすめなのが、「レチノール」です。

でも、「レチノール含有でクマに効く!」なんて表記された商品が沢山ありますが、正しい使い方を理解していますか?

ただ沢山塗りたくればいいってわけじゃないんですよ。

この記事を読んで、レチノールの正しい使い方をマスターしちゃいましょう♪

レチノールって一体何者??


アイクリーム レチノール
コラーゲンやヒアルロン酸と並び、美容業界でもてはやされている成分の一つにレチノールがあります。

シワやクマに効果がある!として有名ですね。

でも、このレチノールについて、どんな成分なのかをしっかり理解している方の方が少ないのではないでしょうか?

名前はよく聞くけど一体何者…?って感じですよね。

レチノールは簡単に言うと「ビタミンA」です。

ビタミンA 野菜
う~ん…ビタミンCならピンとくるけどAは…正直微妙なところですよね。

ビタミンAとは、油溶性のビタミンで、生き物(どうぶつなど)だけにある成分です。

『油溶性』って聞きなれないですよね。

油溶性というのは、摂り過ぎると体に蓄積されていく性質があるので要注意です。

ちなみにビタミンCは水溶性になります。

主な効能としては、

  • からだを作る皮膚や粘膜部を健やかに維持する効果
  • 視覚機能を改善する効果
  • 動脈硬化を防ぐ効果

などが挙げられています。

クマに関して非常に重要になってくるのが、1つ目「からだを作る皮膚や粘膜部を健やかに維持する」効果です。

この効果により、シワシミの改善やクマに有効と言われているんですね。


目元のクマにレチノール入りアイクリームを使う前に知っておきたいこと


いよいよ本題です。

シワやシミに有効なレチノール。

クマに使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

また、正しい使い方と気を付けたいデメリットも見ていきましょう。

アイクリーム 使い方

レチノール入りアイクリームを使うメリット


まず、レチノールが入ったアイクリームなどを使用することで得られるであろう効果(メリット)についてです。

ターンオーバーを促進する

ターンオーバーを促進することで、肌再生が活発になりニキビ跡やシミ、色素沈着のクマを目立ちにくくします。

また、お肌が常に新しいツルツル状態になるようピーリング作用も望めます。

皮脂をおさえる

肌を生まれ変わらせるという事は毛穴のブツブツや黒ずみなども同時に改善されていくという事。

目元には毛穴のブツブツは少ないですが、クマをケアする際に鼻にも伸ばしてみると◎。

鼻の皮脂って、女性の敵ですよね。

目元が綺麗になっても顔のど真ん中にある鼻が汚いのはNGです。

そのほか、体内コラーゲンを作るのを補助してくれたり、ハリ感・ウルツヤ感をUPさせるように頑張ってくれるのがレチノールのメリットですね^^


レチノール入りのアイクリームを使うデメリット


こんなにいいこと尽くめのレチノールでも、デメリットもあるんです。

肌を乾燥させやすいといった副作用がでることも…。

ターンオーバーを促進し過ぎる危険性も

常に新しい皮膚にさせる効果があるレチノールですが、乾燥している人やインナードライの人は要注意

肌が潤いを求めているのに表皮を剥がしてしまっては、更に乾燥へと繋がる恐れがあります。

皮脂を摂り過ぎるかも

こちらも同じ理由からになりますが、カサカサしている時は注意しましょう。

皮脂を過剰に摂り過ぎると、体は「潤わせるために皮脂が必要なんだ!」と勘違いをして、更に皮脂を作るようになってしまいます。

肌が乾燥すると、ちりめんジワになりやすく、クマを隠すために塗ったコンシーラーがそのシワに入り込みやすくなり余計にクマが目立ってしまいます。

どうしても目元はデリケートな皮膚ですから、シワシワとした老け顔へ…

目元 デリケート 皮膚
それだけは、嫌ですよね。

敏感肌用のクリームも販売されていますが、中にはそうじゃないものもありますから、まずはお肌の調子と相談しつつ一週間に数回程度からスタートしてみてくださいね。

ここは本当に重要です!


黒クマにはレチノールがいいって本当?


メリットとデメリット、使用頻度を理解したら、次は3種類あるクマの中でも1番効果的なクマをご紹介します。

タイトルにもありますが、『黒クマ』です。

黒クマ
レチノールで肌を生まれ変わらせてピンとした張りのある状態にすることができると…

たるみによる影が出来ることであらわれる黒クマを目立ちにくくすることができるんですよ。

そのほかにも、色素沈着による茶クマにも一定の効果を期待できます。

茶クマならそれよりもビタミンCやハイドロキノンなどもおすすめですけれどね♪

新しい肌へと生まれ変わるたびに少しずつ少しずつクリアな肌へと導いてくれるレチノールで、クマ対策をしてみてくださいね。

もちろんアイクリームだけじゃダメですよ。

体内の血流をよくする食べ物を意識的に取り入れたり、体が冷えないようにスープを飲んだりもしましょうね。


レチノール入りアイクリームのおすすめ商品はこれ!


レチノールについて分かったところで、その成分が含まれている商品を紹介します♪

使いやすさ・金額もとっても大切ですからね、しっかり見ていきましょう♪


ビーグレン QuSomeレチノA


ビーグレン レチノA

レチノールをカプセル化し配合。

お肌を素早く柔らかくし、深く切り刻まれたシワやたるみをときほぐします。

また、ビタミンEを配合し、肌への負担を抑えたハイブリット処方。

お肌の深層にゆっくりと働きかけます。

ゆるやかなテクスチャで、さっと塗ることができるので、すりこんだりこすってしまう危険もありません。

価格は少しお高めの6,480円(税込)ですが、なんと365日の間であれば返金保証付きなので、1年間じっくりと合うかを見極めることができますね。

また、まずはお試しから始めたい方は、「エイジングケアトライアルセット」がおすすめです。

ビーグレン エイジングケアトライアル
QuSomeレチノA (5g) のものが入っていて、1,944円(税込)からスタートできます。

公式サイト ビーグレン


アンプルール ラインセラムアイEX


アンプルール ラインセラムアイEX

皮膚専門家が開発したエイジングケアにうってつけの高級志向クリームです。

純正レチノールが含まれていて、目立つ毛穴や深くなるシワ・乾燥小じわにアプローチします。

目元に元気がなく黒クマでお悩みの女性をしっかりサポートしてくれますよ。

いくつか種類がありますが、アイクリームは8,640円(税込)です。

返金保証制度はありませんが、アンプルールのアイテムをぎゅっと詰め込んだ7日間トライアルセットが2,100円(税込)で購入可能です。

アンプール トライアルキット
※このセット、なんと9,220円相当のものですから驚きです。

いきなり本商品を購入するのは不安があるという方は、是非トライアルセットからスタートしてみてくださいね。

公式サイト アンプルール


トワエッセ プレミアムエッセンス


トワエッセプレミアムエッセンス

お肌が弱い人に特におすすめしたいのがトワエッセのプレミアムエッセンスです。

レチノールの含有量によってお肌が負けてしまった人も、これならいけるかもしれません。

マイルド処方のレチノールはもちろんのこと、ヒアルロン酸よりも保水力のあるプロテオグリカンも含まれているため、レチノールでクマ対策をしながら高保湿ケアも可能!

香料も天然のもので安心です。

お値段は2,138円(税込)のプチプラでありながら、30日間返金保証つきですよ。

公式サイト トワエッセ


レチノール入りアイクリームでクマ対策に関するまとめ


レチノール入りのアイクリームを使って、クマ対策をしていく方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

レチノールは刺激が強く感じる人もいますので、自分にあったペースで、お肌が慣れるまでは少しずつ塗ってみてくださいね。

アイクリーム 塗る
特に、敏感肌の方はネットでアイクリームを選ぶ際には様々な保証がしっかりしているものを選びましょう。

私は季節の変わり目で肌質が大きく変わるタイプなので、夏に買っても秋には使わない…なんてことがザラ。

30日の保証でも短いくらいです^^;

その点、ビーグレンは1年間の保証なので、複数の季節をまたいでお試しが可能でおすすめですよ。

ビーグレン エイジングケアトライアル
皆さんも一度試してみてくださいね。

公式サイト ビーグレン